チョコレートなんか・・・

この記事は、シチズンホールディングス協賛のブログ記事コンテストに参加中です。


シチズンホールディングス



シェアブログcitizenに投稿

中学生の頃、2~3年生の時に、
同じクラスだった子の事を好きでした。

1学期、2学期、3学期と、それぞれ席変えがあったのですが、
その度に、隣になれ、隣になれと、
心の中で叫んでいました。

まぁ、これは、誰でも経験するような事でしょう。

チャンスは、2年間で、6回。
そのうち、見事に隣を引き当てたのは・・・

何回だと思います?

なんと、3回引き当てました(笑)

最終的には、お互いに、隣にいるのが当たり前。
そう思っていたかもしれません。

隣い座っている間は、
勉強を教えてあげたり、
筆談で色々語り合ったり、
なかなか楽しかったです。

当然、クラスの中でも、色々噂はあったのですが・・・

別に、付き合っているとか、そういう関係ではなかったです。
好きでしたけど、その想いは、なかなか伝えられずにいました。
彼女は、どう思っていたのでしょうね?

で、そんな関係のまま、
3年生の時の、バレンタインデーがやって来ました。

突然、
『チョコあげる!』
と言われたのですが、

『いらねぇ、チョコ嫌いだし』

おいおい、何言ってるんだよ!
もう一人の自分が、叫んでいました。

まだ間に合う、そのチョコレートをもらうんだ!
もう一人の自分が、せかしますが、
結局、そのチョコレートは、
受け取りませんでした。

ちなみに本当は、チョコレート、大好きでした。

結局、彼女とは、
バレンタインデー以来、卒業式までの間、
気まずい空気が流れていました。

卒業式の日、式が終わって、
教室に戻り、いつもの席に座ると、
隣に座っている彼女は、ずっと泣いていました。

泣いているのは気付いていたのですが、
声をかけてあげる事もできず・・・

結局、最後のサヨナラの時に、
軽く声をかけてあげることしかできませんでした。

その時の彼女の泣き顔は、いまだに忘れられません。

何度でもチャンスはあったのに、
想いを伝えることをできず、
最後のチャンスも逃してしまったような、
そんな気がしました。

ちなみに、
『いらねぇ、チョコ嫌いだし』
と言った後は、
そんな彼女への義理を果たすため、
本当にチョコレートは食べなくなりました。

中学卒業後は、何度か会いましたが、
タイミングを逃してしまうと、
もうあの頃には戻れませんね。

もう、当時の2人の雰囲気は、
そこにはありませんでした。

そして、数年後、私は就職し、東京に出て行きました。
ゴールデンウイークや、お盆休みには、
実家のほうに戻ってきていたのですが、
その時に、友人達と、飲みに行きました。

そして、ついつい道を歩いている女の子をナンパすると・・・
なんと、その彼女でした。

『同級生ナンパしてどうすんのよ!』
『ちゃんと顔見てからナンパしなさいよ!』

痛烈な言葉が(笑)

で、その後・・・

『席隣だったの、覚えてるよね?』
と言われました。

もしかすると、これが最後のチャンス!

えぇ、当然逃しましたよ(´Д⊂グスン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

はっぴぃママ
2008年12月12日 19:50
うぅ~~久々にピュアな頃を思い出して
読み入ってしまいました。いいお話!?ですね!!
再開があるとは、是非最後のチャンス逃さないで
ほしかったよ!!

この記事へのトラックバック